Top 学科紹介入試情報 > オープンキャンパス

オープンキャンパス

平成21年度 大学院 オープンキャンパス --5月23日(土)--(終了しました)

情報工学科では計算機科学,コンピュータシステム,ソフトウェア科学,数理科学等の基礎的分野と計算機を用いた幅広い応用分野を調和させながら,教育と研究に取り組んでいます。計算機と数理科学を基礎にして,コンピュータ,ソフトウェア,応用数理の先端諸分野で活躍できる研究者,技術者・教育者を育てることが本学科の教育目標です。

当日は学科相談コーナーのほか、情報工学科計算機室のシステム公開と10の研究室公開を行い、皆様をお待ちしております。

※詳細については,全学サイト・オープンキャンパスページ もご覧下さい.

学科パンフレットPDF(約9.7MB)

オープンキャンパスで受験生から出た質問


■情報工学専攻の概要の説明
  小林 聡(情報工学専攻主任)
■日時: 5 月 23 日(土)13:00 ~ 13:30
■場所:西 9 号館 1 階 135 号室にて

■研究室公開
■日時:5月23日(土) 13:30~16:00 (下記の全研究室)

「シミュレーションによる磁気メモリの研究」(仲谷研究室)
Computer Simulation for Magneto resistive Random Access Memory
場所: 西 9 号館 6 階 632 号室
  現在のコンピュータで使われているメモリは半導体を用いて作られていますが、磁石を用いてメモリを作る研究が現在盛んに行なわれています。
本研究室ではこのようなメモリの特徴や必要性と、コンピュータシミュレーションによる磁気メモリの研究について紹介します。
   
「コンピュータの基本ソフトウェア」(岩崎研究室)
場所: 西 9 号館 5 階 518 号室
  岩崎研究室では,コンピュータシステムを利用する上で欠かすことのできない基本ソフトウェア (プログラミング言語処理系,システムソフトウェアなど)の研究を行っています.この研究のいくつかをわかりやすく紹介します.
   
「VLSI時代のネットワークとセキュリティ」(阿部研究室)
場所: 西 9 号館 6 階 609 号室, Room 609, 6th Floor, Bldg W9
ホームページ:http://almond.cs.uec.ac.jp
  プロセッサ、ネットワーク、セキュリティの分野で、ハードウェア技術を意識した研究を進めています。ハードウェア、ソフトウェアそれぞれの特性を生かし、アルゴリズムからVLSI(Very Large Scale Integration)設計に至るまで、さまざまな手法を駆使することにより、広い分野で問題解決を試みています。
時間・電力・回線などの限られた資源を有効に利用するコンピュータやネットワーク機器、また、アタックに強いシステムやデバイスなどについて、学生が分かりやすくご紹介します。
Various disciplines, such as computers, networks, and security, need to be studied in this complicated world of modern society. Our laboratory deals with the problems through wide range of approaches from algorithms to VLSI (Very Large Scale Integration) making use of each distinct feature of hardware and software. Students will explain how to make computers and networks effectively use limited resource of time, power, and network infrastructure, and how to make systems and devices secure against attacks.
   
「画像・映像を理解するコンピュータ」(柳井研究室)
場所: 西 9 号館 7 階 711 号室
  本研究室では,デジタルカメラで撮影した画像や,テレビ放送やビデオカメラで撮影した映像から,人間にとって有用な情報を計算機を用いて自動的に抽出する研究を行っています.大量のデジタル画像や映像の記録が容易にできる今日,計算機が画像・映像の意味内容を理解し,人間に代わって多くの画像・映像情報を「見る」ことが重要な技術となっています.計算機が画像・映像を理解することによって,従来は人間でないとできなかった,例えば,「ライオン」や「パンダ」が写っている写真を探したり,「山」や「海」のシーンを多く含むテレビ番組を探すことなどが可能となります.残念ながら,現在はまだ実用レベルではなく基礎的な研究の段階ですが,最終的には「画像・映像を理解するコンピュータ」の実現を目標に研究を行っています.今回のオープンキャンパスでは,食事写真認識システム,画像認識を用いたWebからの画像収集,Web写真ニュースからの有名人顔データベースの自動構築,GPS位置情報を用いた旅行アルバム自動作成などのシステムの説明と実演を行います.
   
「分子を用いたコンピュータ」(小林研究室)
場所: 西 9 号館 7 階 733 号室
  DNA などの生体高分子を用いた将来型のコンピュータの実現可能性を探究する「DNAコンピュータ」の研究を行っています.「DNAコンピュータ」とは何かについて簡単に説明します.